京都が人気の理由

京都は、平安京(西暦794年)から始まる日本の文化を知る上で欠かせない地域となっています。
そのため国内外から多くの観光客がこの地を訪れ、歴史の探訪を満喫されているようです。
しかし、平安京当時の遺跡で現在まで残っているものは少なく、殆ど石碑となっています。

平安遷都の際に、時の桓武天皇が和気清麻呂の進言で、この地に都を移すきっかけとなった場所で、諸説様々ありますが、征夷大将軍坂上田村麻呂と所縁(ゆかり)があるとされる将軍塚から京都盆地を見渡したことがきっかけとなっているのです。
現在では、天台宗青蓮院が、「平安道場」をこの地に移築して、「青不動明王」を安置し、護摩祈祷を行うお堂として再建したものが、大護摩堂「将軍塚青龍殿」と言います。
そしてこの西側に清水の舞台よりさらに大きな舞台を設け京都市内が一望できる場所を造ったのです。
平安京を偲ぶのであれば、この舞台から京の街を眺め、天下人の思いに触れるのもいいと思います。
ここまで行かれたのなら、北法相宗大本山清水寺の舞台も見てください。
古びた趣のあるお寺です。
そして、建仁寺、高台寺、八坂神社、知恩院、平安神宮もすぐ近くですから見学してください。

後は、祇園白川沿いのお茶屋で、京都の風情を楽しみながら、お食事でもして下さい。
舞妓さんに逢えるかもしれませんし、夕暮れ時に散歩すれば、料亭の灯りや情緒のある街並みが、日頃の生活を忘れさせてくれ、優しく包み込んでくれる処です。



▽特選サイト
京都の結婚式場ではおもてなしの食事にも力を入れています ―> 京都の結婚式場